読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のzの好きな音楽

好きな音楽の話をします。

 

私の好きな音楽は

80年代初期から中期くらいの洋楽です。

主にロックやポップスです。

もっと限定的にいうと

83年から84年くらいに掛けて起こった

セカンドブリティッシュインベイション

と呼ばれる、アメリカヒットチャートを席巻した

イギリスロック・ポップスと、それを取り巻く状況

が好きでした。

 

当時はテレビでベストヒットUSAという番組があって

アメリカのヒットチャートを紹介していました。

そのヒットチャートのトップ20が

一時期イギリスのバンドだらけになったことが

あったのです。代表的なバンドは

デュランデュランやカルチャークラブですかね。

この辺は80年代を語る上で外せませんね。

ワムやティアーズフォーフィアーズや

ヒューマンリーグやトンプソンツインズや

ユーリズミックスデキシーズミッドナイトランナーズ

なんてのもありました。

 

80年代の音楽の話をするのは最近はもうあまり珍しく

無いですが、どんな感じの音楽が80年代を象徴する曲か

っていう観点で語られたことがあまり無いような気がします。

80年代以外では恐らくヒットしないであろう曲がその

曲なんじゃないかと思っているんですよ。

それが私にとっては1曲しかないんですよ。

 

まあそれが

ユーリズミックスの『Sweet Dreams (Are Made  of This)

という曲です。

ユーリズミックスというと皆さんきっと

たららりららりら~」を思い出すでしょうけど、

私にとっては『Sweet Dreams (Are Made of This)』

なんですよね。

 

当時シンプルでクールなシンセサウンドをバックに

ブルーアイドソウルのボーカルを乗っけるだけという

スタイルはかなり斬新でした。

でもまぁ本当は全く他に無かったわけではありません。

当時イギリスのYazooっていうシンセポップデュオがいまして、

シンセサウンドをバックにヴォーカルスタイルがこれまた完全な

ブルーアイドソウルでした。

ユーリズミックスは活動期半ばくらいから

シンセサウンドのスタイルは捨てちゃったから、

クールなサウンドにソウルなヴォーカル

というスタイルの特許は

Yazooにあると私は思ってます。

 

脱線してしまいました。話を戻します。

それでまあこの「Sweet Dreams (Are Made of This)」、

メロディーが取っつき易いわけでも無いのに、

当時ビルボードで1週だけですが何故か1位になったんですよね。

そこが凄いんですよ。よく全米1位になったなーというね。

まあもちろん当時MTVの影響が凄いあったんだろうなぁとは

思いますけどね。

プロモビデオがまた偉いかっこよかったんですよね。

インパクトが強くて印象に残ります。

当時プロモーションビデオの衝撃は凄かったですからね。

今では当たり前ですが

当時好きなミュージシャンを映像でしょっちゅう観ること

が出来る手段なんてライブくらいしかありませんでしたから。

プロモビデオの良し悪しが

ヒットするかどうかの決め手だったのもこの時期です。

80年代を象徴する曲として選んだ理由はそれです。

 

念の為ですが

いい曲とか悪い曲とか好きとか嫌いという基準

で選んでいるわけではありませんので、

その辺をどうかお忘れなく。

 

ではではまたまた

のzのでした。